住居を借りるときの保証|初めてのマンション投資でも大丈夫|ギブコムのサポート体制は万全

初めてのマンション投資でも大丈夫|ギブコムのサポート体制は万全

住居を借りるときの保証

男性

どのようにかかわるのか

賃貸保証会社とは厳密に言うと住宅を借りるときに貸主と借主、賃貸保証会社の3者間で保証委託契約をむすび、借主が賃料を払わなかったときに会社が代わりに支払い、後に会社が借主に請求をするところです。そのため連帯保証人などとは別の扱いを受けます。保証の内容はその契約によりますが、主に賃料のほか立ち退きのときの原状回復、争いになったときの訴訟費用などが含まれています。事前に契約することでトラブルになったときに間に入って対応してくれるため保証人とは別に契約してほしいといわれることが多いです。賃貸保証会社と契約するときは会社によって違いはありますが、運転免許所などの身分証明書の写し、収入明細など自分の収入が証明できるものです。会社の審査を経て契約へと進みますが、過去に賃貸保証会社を使っている場合はそのデータも参照されます。クレジットカードなどの滞納情報は信販系の会社でなければ考慮されないことが多いですが、年齢や転居理由などかなり広範にわたって審査がされます。

契約するメリットとは

賃貸保証会社と契約することで借りる側はたとえ保証人が用意できなくても借りることのできる可能性を広げることができます。一方、貸す側も会社が手続きをしてくれるため過度の負担をかけなくてもよくなります。ただし、借主は家賃以外の金銭的負担を負うことになることと、保証契約の免責事項によって保証外となることもあるため貸主も注意が必要です。借主が保証契約をする際、貸主が賃貸保証会社を指定しない限り複数の会社に審査を依頼したほうがよいです。会社ごとに審査基準が違うため、ある会社では職業や年収を重視したり、また別の会社では保証人や敷金の有無で影響したりなどさまざまなためです。よって申請した会社から契約できないとされてもあきらめずに別の会社に依頼することをすすめます。